運動とは言えないレベルだけれど

私がバスケットボール以外で続けているスポーツというと・・・急にネタ不足となります。
強いてあげるならば自転車と軽登山くらいでしょうか。
今日はその自転車について掘り下げてみようかと思います。

私は基本的にオフロード派です。
自分で走るなら舗装路ではなくて、トレイルランニング(やったことありませんが)。
バイクで走るならオンロードではなく、オフロードやトレイルバイク。
そして自転車で走るなら、ロードレーサーやクロスバイクでなく、マウンテンバイクやBMXが好きです。

ただベースにあるのが、自転車=移動手段という個人的な価値観なので、ストイックな乗り方やアイテム選びはぜんぜんしていないです。当然自転車も1から組み上げるような事はせずに、完成車を買います。

ただ、個人的なモチベーションの高め方で「そこそこ良いモノを選ぶ」というのがありまして、完成車を選ぶときには自分が昔から聞いたことのあるような自転車メーカーのエントリーモデルを対象にしていました。

現在は29erという29インチサイズタイヤのマウンテンバイクに乗っています。
買った当時は「これからは29インチだ!」みたいな風潮と「とにかく大きくて迫力ある!」というインパクトで迷わず選びました。
ただこの29erが現在のマウンテンバイクの主流かというと・・・ぜんぜんそんなことないですね。
マイノリティな生き方は慣れているので全く問題ないです(笑

その29erで、どんな場所をどんな風に走っているかというと、ほぼ子どもとの遊びです。
ちょうど私がマウンテンバイクを購入したときと長男に新しい自転車を買い与えたときが同じ位のタイミングだったので、よく車に自転車を積み込んで郊外まで走りに行きました。
あ、もちろん子どもの自転車もオフロード風です。
量販店で買う男の子用自転車って、なんとなくオフロードっぽいタイヤに前カゴ&泥よけが定番じゃないですか。
それを購入時にお店で頼んで、ライト・前カゴ・泥よけを外してもらっていました。
(ライトは後からLEDライトを装着してます)

こんな感じで
・なんとなくオフロード風に見える男子自転車(長男)
・お下がりのオフロード風自転車(次男)
・見たことのあるメーカーのエントリー車(父)
の3人でオンオフ問わず走り回るのは非常に楽しいです。
見た目も気にするでなく、自転車のダメージも気にするでなく、自由気ままにルートを選びながら郊外を散策するのは子どもにも私にも良い刺激です。

こう書くとまるで、なんだか頻繁に子どもと自転車で出かけているように伝わってしまうかもしれませんが・・・このようなお出かけは年に数回です。
それ以外は近所の移動にしか使わないですし、それさえも月に数回のレベルなので、当然毎回またがる度に空気入れの出番です(笑

メンテナンスについても、年に1度くらい雑巾でぬぐってチェーンとギアに注油するくらいですかね。
それでも大したトラブルもなく乗り続けていられるのは、無難なメーカーの完成車を買ったことと、その走行頻度の低さゆえですね。

なんだかスポーツとは程遠いような内容になってしまいましたが、自分の良い相棒として今後もオフロードに出かけていきたいです。

子どもとバスケットボール

現在、長男次男と一緒にバスケットボールを楽しんでいます。
一緒に楽しんでいるとは言っても、子どもの通っている小学校のバスケットボールチームの指導をしているという立場なので、教えているだけで一緒にプレーはできていません。

一緒にプレーする楽しみは、やはり中学生くらいまでになってからなんでしょうか。
でもその頃には自分の体も随分と衰えていそうで・・・ジレンマを感じますね。
そのためにも日々のトレーニングをがんばらねば!

我が家で子どもがバスケットボールを始めたのは今から3年~4年前になります。
元々自分が独身時代から結婚&出産を経てバスケを続けていたこともあって、子どもたちは小さな頃から体育館でボールに戯れてはきていますし、父親が仲間たちとボールを追いかけている姿も長いこと見てきています。

自分の他にも同じようなにバスケしながら子育てをしている家庭って周りに多いんですが、意外と子どもがバスケを始めるケースって少ないんですよね。
そういう意味では、我が家は2人ともバスケをすると決めてくれて、父親としては嬉しい限りです。

ただ、一緒にバスケを楽しむだけじゃなくて、指導する側に入ると・・・そうもいきません。
バスケに対して上手くなろうとする姿勢だったり、チームメイトとの協調性だったり、ついつい我が子の事が目に止まってしまうし、ついつい厳しく当たってしまいます。

やっぱり、コーチの息子だからと甘やかしているように見えるってのはチームの士気的に良くないじゃないですか。なので必要以上に厳しくあたってしまっているなーと思いつつも、甘やかせない親心だったりします。
都合のいい考えではありますが、長男と次男には、甘えず腐らずバスケットボールに関わってもらいたいと思っています。

コーチとしての自分は厳しく当たっている反面、学校外での完全にプライベートなバスケの場では自由に楽しく子どもとバスケができるように心かげています。
もちろん上手くなって欲しいという気持ちはありますが、まずはバスケットボールを心から楽しむ事が大事ですもんね。

長男は非常にコツコツ練習するタイプで、型にはまったバスケを好む傾向があります。
実際に試合などをしていても、目標や役割がハッキリしていて、なおかつそれが上手く機能しているときに良いパフォーマンスを発揮します。
逆に想定外のことやタイトなディフェンスに弱いです。1度自分の目指す流れが断ち切れてしまうと気持ちの切り替えが遅く、自分で悪循環を繰り返すところがありますね。

次男は逆に自由奔放なプレーが多く、勢いや流れのある中でよいプレーをすることが多いです。
勝ち負けに関係なくプレーにムラがあって、大当たりするときと大外れするときがありますね。
ポジティブに考えると、チームの悪い流れを変えるようなプレーができるとも言えますし、逆に言うとつまらないプレーで相手チームに勢いを与えてしまうこともありそうです。

まぁ面白いくらいにタイプの違う2人なので、見ている方としては楽しいですが・・・
いったいどこまでバスケを続けてくれるのか、そこが父としては心配です。

上半身の筋トレ

まだ始めてから1ヶ月ほどですが、少しずつ筋トレを始めています。
最初に選んだのは腕立て伏せと腹筋運動です。

ただ性格的に何も道具がないとモチベーションが下がるので、あえて小さな買い物として
・プッシュアップバー
・腹筋ローラー
の2点を選んでみました。
どちらも低価格で効果の出る鉄板アイテムですね。

プッシュアップバーは腕立て伏せの効率を上げるアイテムで、何も使わない腕立て伏せに比べて非常に深くまで胸を降ろすことができて、特に胸筋肉の稼動範囲の目一杯まで動いている感じが気に入っています。
もちろん、その分だけ運動としてはキツいので大変といえば大変なのですが。

元々腕立て伏せが得意でなかった私にはプッシュアップバーを使ったトレーニングは強烈で、1日に10回2セットもやれば腕と胸筋がパンパンになります。
これを続けていけば、ある段階で自分の体重だけでは負荷が足りなくなるようですが、自分には遠い先のことのようです・・・

腹筋ローラーは使い方が難しいです。
トレーニングを始める前に色々と情報を集めて、いわゆる膝コロ(膝をついてコロコロする)から始めてみたんですが、これが想像以上にキツイんです。
もう数回コロコロと往復するだけで奇声を発するレベルでした・・・

何日か膝コロを続けて慣れを感じてきたころに襲ってきたのが腰痛です。
私のフォームが悪いとは思うんですが、ある段階から膝コロを続けていても腹筋が痛くなる前に腰が痛くなってくるんです。
腰に痛みを感じると、怖くてチカラを入れることができずに運動効率が落ちるという悪いサイクルが続きます。

色々な情報を集めてフォームやローラーの持ち方などを改善して、なんとか腰痛のリスクは減ってきた気がしますが相変わらず腹筋に効いている感じが薄れている感じがしていました。

そこで最近始めたのが立ちコロ&しゃがみコロです。
立ちコロは、その名の通り立った状態からコロコロしていくんですが、これが猛烈にキツイです。
あまりのキツさに満足いくコロコロ距離を出せないレベルで。

なので現在は「しゃがみコロ」を中心にトレーニングしています。
しゃがんだ状態からコロコロするので、パッと見は膝コロに似ている感じもしますが、負荷的には立ちコロに近いですね。
立ちコロに近い負荷で立ちコロよりもコロコロ距離が出るので、現在の私のトレーニングの主流です。

立ちコロにしろ、しゃがみコロにしろ、どちらも膝コロと違って腰痛の原因になる「エビ反り」のポーズになりにくいのがいいですね。
やはり腰痛などケガの不安を抱えながらやるトレーニングは性格的に続かないので、もっと早く膝コロを卒業すべきだったと後悔しています。

プッシュアップバー&腹筋ローラー、どちらもケガをしないようにフォームを改善しつつ、楽しいトレーニングを続けていきたいです。

有酸素運動さがし

本日は私の運動の話を。

昔からバスケットボールをやっていて、結婚して子どもが生まれても実は続いています。
周りのメンバーが結婚や出産を機にバスケットから遠ざかっていく中で、今でも続けていられるのも家族や一緒にプレーしている皆さんのお陰だと感じています。

さて、そのバスケットボールと運動の話なんですが、この関係性の説明が難しい。
少なくとも私は運動のためにバスケットをやっていません。単純に好きだからやっています。
もっと言うと、よりバスケットを楽しむために運動したいと思っています。

バスケットボールって、基本無酸素運動の連続だと思うんです。
オフェンスとディフェンスの切り替えも早いし、一瞬の判断で勝負が決まるプレーが続きます。
なので瞬発力のある筋肉はついても、持久力のある筋肉ってつきにくい気がします。
(特に専門的な知識はないので曖昧ですが・・・)

私自身のバスケットボールに費やす時間は基本的に減少傾向にあります。
学生や独身のころは、週に4日~5日くらいプレーしていましたが、結婚してからは週に1回~2回程度に減りました。さらに子どもが生まれてからは週に1回できれば良い方と言った状況です。

子どもが大きくなって一緒にボールを触ったりできるようになると少しバスケットボールに関わりやすくなりますが、それでも毎週1回はバスケをしているとは言えない感じです。

でもバスケットボールを続けていると、試合をしたくなるじゃないですか。
たまにしか練習できていないのに試合に出ると、当然体力が持たなかったりプレーに精彩を欠いたり(もともと大して上手くもないんですが自分なりに)しますよね。

で、話が戻ってきて「バスケをするために運動をしないと(体力をつけないと)」という流れになるわけです。
基本的に、今自分が必要と思っているのは瞬発力ではなく持久力、要は長時間バテずにプレーをしたいんです。
うまく言えないんですが、総体力が少ないと当然すぐにバテて交代します。でもプレー時間は短いので、気持ちとしては「もっとプレーしたかった!」というモヤモヤが残ります。
で、もう一度コートに戻ってもパフォーマンスは落ちたまま。もがけばもがくほど思った通りのプレーには繋がらずにストレスが溜まります。

この悪循環を断ち切るには持久力をアップさせるしかない!
ということで有酸素運動、具体的にはジョギングなどをするべきだと自分では考えているんですが・・・どうも自分の性分に合ってないです。
これはダイエットと同じで、自分の体質や性格に合ってないと絶対に続かないんですよね。

タイプとしては
・単調な動きが苦手
・無心になるのが苦手
な感じなので、何か面白みや刺激のある有酸素運動をしてみたいです。

今までに出会った運動の中では、トレイルランニングとか合っていそうな気もするんですが、日常的な運動には向いていないような気がしてチャレンジできていません。
そんな感じで、現在は自分に合った有酸素運動を模索中なのです。

私に合ったダイエット

今日は私の食事と体質についてお話します。
昔からスリムな体系だった私としても、今まで何度か「ちょっと太っちゃったな・・・」と自分のお腹を見て考えたことがあります。やはり30代に入って運動量が減ってきた辺りからですね。

皆さんにも、自分自身に合った色々なダイエット方法があるかと思いますが、私にぴったりなダイエット方法は「晩御飯の炭水化物をできるだけ減らすダイエット」です。
あくまで晩御飯の話なので、朝御飯や昼御飯は全く気にしません。むしろ昼御飯については、晩御飯を減らしている反動からか、以前よりも大食い傾向が強い気もしています(笑

あ、でも元々気をつけている、というか習慣にないのが
・間食をあまりしない
・お菓子をあまり食べない
なので、そもそも間食が多目の方には「晩御飯を減らす」だけではないのでストレスが大きくなるかもしれませんね。

とにかく私のダイエットは、朝も昼もお腹いっぱい好きなだけ食べて、その代わり「晩御飯にガマンをする」だけです。
あくまで「炭水化物をできるだけ減らす」だけなので、揚げ物とか全然気にしません。こってり脂の乗った唐揚げだってドンドン食べちゃいます。豚肉だってバラ肉とかドンと来いです。

でも炭水化物については、できる範囲で気をつけます。
お米やパン、麺類を食べないのは当然として、ポテトやコーンなどもできるだけ排除します。ただ、衣だったり副材料になるような炭水化物までは細かく気にしないようにしています。
やっぱり食事なので、食べていて楽しくないと良くないですから。

また炭水化物を減らすというルールだけなので、それ以外の量についても気にしません。
揚げ物や肉類など、お腹いっぱい食べてビールなんかも飲んでしまいます。もちろん時間だって気にしません、仕事で遅くなった時でも気にせずドンドンお腹を膨らませます。
(でもさすがに食事後、2時間以内に寝るというのは控えています)

こうやって考えると、まるで「私のダイエット術」みたいな話になっていますが、こんなコダワリの強い男子の晩御飯に協力してくれている嫁さんには本当に感謝です。

このダイエット方法ですが、実はまだ例外があります。それは
・外食の時(飲みの席も含む)
・ガマンできない時
の2つです。
外食の時は仕事仲間や友人、家族と楽しい時間をすごすことが目的なので、自分のコダワリを通すような事はしません。逆に以前からの大食いキャラを通して、炭水化物でもなんでも満腹まで食べます。
また仕事などでストレスが溜まっているときなど、どうしても炭水化物を摂りたくなることがあるんですが、その時も我慢はしません。思いっきり食べてストレスを解消します。

こんな感じで、自分のコダワリの範囲で、ガマンしすぎずマイペースで続けているのがポイントなんだと思います。
もうかれこれ2年間ほど同じような生活を続けていますが、もう完全に生活ペースになっていて体重も高校時代と同じくらいを維持しています。

あとは、ここから筋肉量を増やしていくだけですね。

いよいよブログ開始です。

こんな私ですが、ついにブログを始めました。

ブログのタイトルは「子どもと食事と運動と」にしました。現在3児の父であり長男・次男・末娘と嫁さんと楽しく暮らしています。

末娘は先日2歳になりまして、とにかく良く喋るようになりました。もう上2人の男子の時の比じゃないですね・・・
喋る内容や語彙の数など「よくもまぁこんな言葉や言い回しを覚えてくるもんだ」と関心されられるとともに、自分や嫁さんの言葉遣いなど気をつけなければと改めて考えさせられます。
今まで息子しかいなかったので、我が家では少々乱暴な言葉も飛び交っていたんですが、最近は特に気をつけるようにしています。

長男と次男は「いわゆる小学生男子」としてすくすく育ってます。小学生男子言葉の「オレ(オにイントネーション)」とか「デュクシ!」とか普通に使ってて楽しいです。あとくだらないダジャレや替え歌など、聞いていて飽きないです。

最近の個人的なトレンドは「体作り」ですね。
昔から運動が好きでバスケなど続けているんですが、特に筋トレや走り込みなどは全然やってこなかったんですよ。なので最低限バスケするのに必要な筋肉はあるんですが、それ以上は全くないという感じで・・・
数年前から体力の衰えや体型が崩れていくのを感じていて「何とかしなければ!」と思った次第です。

体系の崩れに大きな影響があるのが「大食い」ですね。
もう昔から酒は大して飲まないんですが、食べるのは好きなんですよ。もう食事をするときは「大盛や特盛をしないのは罪」みたいな生活をしてきましたからね・・・(遠い目)
いわゆる「メガ系」とか「爆盛り」みたいなお店が大好きで、そのお店で食べられる一番大きなサイズを注文することを生きがいにしてたと言っても過言ではないです。

でもやっぱり、年を重ねるにつれて「食べるけど運動しない」っていう生活は着実に脂肪という形で体に積み重なってきて・・・体重的には大したことないかもしれないですが、自分の中では今まで見たことのない数字を目にするようになってきたんです。
元々筋肉量も少ないし筋トレもしないので、体重が増える=脂肪が増えているという現実が浮かび上がってくるわけですね。昔から「食っても太らないスリム体系」だった私に、コレはけっこう堪えました。

そんなこんなで、現在は「自分に合った食事制限」と「無理のない範囲の筋トレ」を始めています。
それはもう完全に自分のライフスタイルや性格などに合った方法をえらんで続けているので、とても皆さんのどたたにでもおススメできるとは言えないようなモノですが・・・
少しでもこのブログを読んでくださった皆さんの選択肢の1つにでもなれれば幸いです。